-

自動車の『全損』とはその名が示すように自動車のすべてが壊れてしまうことで、言い換えれば走ることが出来ないという状況の自動車としての役目を果たせなくなった時に使いますが、車の保険における【全損】はちょっとちがった意味があります。保険では乗用車が損害を受けた状況で【全損と分損】というように2つの結果に区別され、『分損』は修理費が保険金内でおさまる場合を表し、《全損》とは修復費が保険額より高いことを表現します。普通の場合、修理で(全損)という状況ではエンジンに重大な打撃が存在したり自動車のフレームが曲がってしまったりして修理が無理な場合リユースか廃棄と結論付けられるのが一般的です。しかし、事故を起こして販売会社や車の保険会社が必要な修理費を見積もった場面で、どんなに見かけが綺麗で直すことが可能な時でも修復費が補償額よりも高かったらどうして車の保険に入っているのか分からなくなるでしょう。そういった場面では『全損』として愛車の権利を車の保険屋さんに渡し補償金額を受けとるシステムとなっています。当たり前の事ながらかなりの期間連れ添った自分の車で思い入れがあり、自分で直してでも使用したいとおっしゃる車の所持者たくさん存在するので状態に応じて保険屋さんと相談するといいと思います。さらに、車の保険の種類に応じてそういう時が考慮されて車両全損時諸費用補償特約等【全損】の時のために特約を設けているケースが存在し万一自動車が全損となった場合でも新規購入の諸経費を一部分負担してくれる場面も実在したりします。更に盗難にあった時の補償額の特約をつけてると、とられてしまったマイカーが発見されない状態でも全損と扱われ、保険が適用される決まりになっているのです。